健康食品の主な定義

健康食品の主な定義

健康ブームで今となっては数えきれないほどの数のサプリが登場しました。
サプリの事を健康食品と呼びますが
この健康食品は健康保持促進に役立つ機能
社会的な認識としては他の食品とは区別されている一群の食品になります。

健康食品の一部は行政当局の認定を受けて
保健機能食品として販売されているものもあります。

また厚生省の指導によって
1986年から
健康補助食品の認定マークであるJHFAマークというものが理ます。

しかしながらこの健康食品
副作用はないとよく言われているが
ビタミンやミネラルなど
サプリメントは健康効果がなく
十分に栄養を取っている人に対しては有害であると言う医師もいるようです。

健康食品は法律上では食品と言う扱いをされます。
薬ではありませんし
逆に考えると
きちんとした専門知識も無い業者が健康食品と謳って
何の健康効果も無いサプリを販売している事も十分にあり得るのです。

化学的根拠を国にに提出している表示である
特定保健用食品、栄養機能食品などがきちんと表示されているかどうか
ここはサプリメントを購入する前に必ず確認しておくようにして下さい。

もしかしたら全く身体に影響のないサプリを飲み続けているかもしれません。
もう一度言います。
特定保健用食品、栄養機能食品が表示されているかどうか必ず確認して下さい。